女王様へのマスカキ申請書

女王様へのマスカキ申請書

内容
『私はあなたと違ってオナニーだけをやっている訳にはいかないの』『常に男を魅了してきたのは、一握りの美女なの』「あんたなんか勘違いしてるんじゃない?」「私を誰だと思っているの?」「私のこと想像してザーメン撒き散らしたい時は。マスカキ申請書を出しなさいって。言ったでしょ」「誰が勝手にセンズリこいて良いって言ったのよ」「勝手にオナニーするなんて」『私のプライドをちっぽけな自己満足のために汚さないでよね』「怖がらなくていいのよ。そんなにひどい事はしないから….」「だけど…」『口の訊き方には気をつけてね』「でも、この口実を逃す手はないわね。理不尽に攻め立てるのも悪くはないけど、心地よく苛めるには、大義名分が必要だから」「何をですって~!あなた、私を馬鹿にしているの!!。あなたは何をしに来たのか分かってるんでしょ!!何をやりにきたの?ねぇ。」「もうちょっと扱き使ってあげないと分からないのかしら…」「実は、僕は淫乱な変態なんです。家族に内緒でこっそりオナニーしていました。今でも、チンポの皮がまだ剥けていないショボイ童貞チンポです。毎日、超美人でスタイル抜群のお姉様を想像しながらセンズリこいて喜んでました。こんな変態ですけど、まだ童貞ですので、どうか、僕にオナニーさせてください。」「僕はお姉様の見ている前でチンポを扱かれて気持ちよくなりたいです。僕の童貞チンポをお姉様の美しい手でいっぱい擦り上げてください。剥けていないショボイ童貞チンポでよろしければ倒れるまでザーメン撒き散らします。淫乱で敏感な僕の乳首をたくさん舐めてください。乳首を舐められると気持ち良いので女の子みたいな声を出して喘ぎたいです。もしよろしければお姉様のことも気持ちよくいたします。どうか汚らしくて臭い僕の童貞チンポをお姉様の美しい手で扱いてください。」「ねぇ、あなた。私を気持ちよくしてくれるんでしょ!」「下手だったら承知しないわよ」「どうしたのそんなにチンポを勃起させて。」「全裸で目の前に現れたから。それだけで興奮しちゃった?ふふふっ」『ブスとは違うのよ!ブスとは! 』「ほら、ぼやぼやしないでとっとと愛撫しなさい!!」「手コキが好きなの?」『だけど、そんな決定権は、あなたにはないの 』「感じちゃうの?やらしいわね」「凄い恥かしい格好なのが自分でわかる?」「おちんちん堅くなってきちゃったじゃない。」「気持ちいい?もっと感じていいのよ」「もっと恥かしいことして欲しいの?」「じゃ、鏡の前でしてあげるわね」「こうしてほしかったんだ」「凄い恥かしい格好なの自分でわかる?」「すごいよおちんちんびんびん。感じちゃってるんだ」「ん?なぁに恥かしがってるの?気持ちいいんでしょ?」「こういうの好きなんでしょ?すっごいびんびんだよ。」「ほら、鏡におちんちん写ってる。」「美女でセンズリばかりこいている童貞が何言ってるの!」「常に男を魅了してきたのは、一握りの美女なのよ! 」「ときどき変な趣味の男もいるけど基本的にはそうでしょ」「私はいつもオナニーの傍観者でM男をもてあそぶだけの女」「私にはそういう資格があるの」「私の楽しみはM男を家畜にすることなの、M男を道具にして」「童貞は黙ってなさい!!」「何よ、童貞が」「なぜそう頭だけで考えるのよ、そんなんじゃ疲れるだけじゃない」「傍観者の側からみれば、オナニーするM男は一人孤独」「もてない現実を受け入れようとはしない」

無料立ち読みはこちら

タイトルとURLをコピーしました