憧れの先輩とハメた事 放課後憧れの先輩に無理矢理襲われる話

憧れの先輩とハメた事 放課後憧れの先輩に無理矢理襲われる話

内容
【あらすじ】——————————————————————————————————————「ヤったことないでしょ?してあげよっか?」先輩はそう言うと僕を無理矢理●す‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐いつもの学校いつもの変わらない生活【平沼瞬】は勉強も運動も普通でごく普通の生活を送っていた‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐でも‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐何も変わらない日常・・・その日すべてが変わってしまった‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐「はあ・・・早く学校終わらないかな・・・」そう思っていた時外に目をやるとある人が目に入った・・・そこには【羽月栞奈】先輩がいた・・・(あの先輩苦手なんだよなあ・・・見た目派手だし・・・」栞奈とは何も交流がなく自分とは縁のない人だ・・・瞬は人見知りで当然栞奈とは話した事なんて一度もない・・・そう思ってた時・・・栞奈と目が合ってしまった・・・何秒・・・何分・・・途轍もない時が流れた感覚・・・二人だけしかいない世界だと錯覚した瞬間だった・・・我に変えり直ぐに視線を外す・・・なぜか恥ずかしくなり授業が終わるまで一度も外を見れなかった・・・——————————————————————————-放課後瞬は委員の仕事が終わり帰り支度をしていた時突然図書室のドアが開く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・扉の方へ目を向けるとそこには栞奈がイタズラな笑みを浮かべて立っていた・・・「いたいた~」何を言ってるんだ・・・無視して早く早く帰ろう・・・逃げるように瞬が帰ろうとした時栞奈が瞬の目の前に立ち塞がる・・・「な!?なんですか!?先輩ッ!!」今まで普通に何の変わらない日常を送っていた・・・だけど・・・そこには自分とは違う何か別の異物が紛れ込む感覚・・・異常に嫌悪感が走った・・・だけどそんな考えも常識もすべて・・・先輩の前では無駄だった・・・「キミ私の事ずっと見ていたでしょ?」何か悪巧みを考えてそうな笑みを浮かべながら彼女は僕にそう尋ねた・・・直ぐに否定をするが先輩は突拍子もない事を言い出した・・・「私のおっぱい見ていたんでしょ?イヤラシー!」もう何言っても無駄・・・こんな人に付き合っては無駄だ・・・さっさと無視して帰ろう・・・そう思った・・・でも先輩は・・・無理矢理僕を・・・押し倒した‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐「な、何するんスか!?先輩!?」こんな事されるの・・・生まれて・・・こんなに近くで女性と・・・ありえない・・・・いつも普通の生活をしていたのにどうしてこの人は自分の空間に踏み込んでくる・・・?でも何なんだ・・・この感覚・・・自分でも訳が分からなかった・・・「なんで顔赤くなってんの?可愛いー!女の子とこんな事した事ないの?」先輩にイジられる・・・でも・・・この状況は恥ずかしい・・・けど・・・もっと先輩を近くで・・・感じたい・・・そう思った・・・時先輩が下着姿になり自分の腕を掴み先輩の胸を揉ませてきた・・・何をし・・て・・・いるんだ・・・何もかもありえない・・・何だこの状況・・・逃げ出せばいいのに・・・でも何でカラダが動かないんだ・・・自分の心はもっとこれ以上な事を求めているのか・・・?「キミ・・・ワタシとヤってみる?」そんな事を先輩に言われ・・・僕の普通の日常だったものはなくなり・・・先輩は僕を無理矢理●す・・・——————————————————————————————————————【人物紹介】【羽月栞奈】B:95 W55 H85瞬と同じ学校の先輩。栞奈はいつも瞬を見ていて少し気になってはいたが全然関わってくれなかった・・・どうやったら話せるきっかけを探していた・・・いつものようにどうやったら仲良くなれるか瞬が見える教室で考えていたが・・・瞬が自分の方に目が合ってしまってその瞬間瞬への想いが爆発してしまった・・・もう我慢できない・・・あの子と・・・一緒になりたい・・・今日・・・絶対・・・ヤル・・・そう栞奈は決意し、瞬がいる放課後で無理矢理犯してしまう・・・——————————————————————————————————————■プレイ内容●乳首舐め●フェラ●パイズリ●騎乗位●正常位●中だし——————————————————————————————————————※(表紙1ページ+本編64ページ全65ページ)※台詞無しページあり

無料立ち読みはこちら

タイトルとURLをコピーしました