僕の妻は、親友の元カノでした。 ~今度は一番好きな人と~

タイトル : 僕の妻は、親友の元カノでした。 ~今度は一番好きな人と~

Information
【あらすじ】かつて素行の悪さに耐えられず別れた元カレ・秋生と再会したなぎさは職探しが上手くいかず弱り切っていた秋生に同情し夫・正樹の経営する会社に彼を招き入れる。理解ある環境でひたむきに働く秋生の姿に彼を誤解したまま突き放してしまったことを思い知らされたなぎさは自分の過ちにけじめをつけるため一夜限り秋生の彼女に戻る。秋生との過去を清算したなぎさは晴れ晴れとした気持ちで新しい朝を迎えるのだが一度は溺れた元カレのモノを再び受け入れた身体は女の悦びを求めて疼きはじめていた――【人物紹介】○高梨なぎさ(33歳)会社を経営する年下の夫・正樹を支えるしっかり者の姉さん女房。正樹と知り合って10年近くになるがなぎさがべた惚れの形で夫婦仲はいたって良好。胸が大きく(Hカップ以上)そのコンプレックスから堅物な性格となり秋生に出会うまでは男を寄せ付けていなかった。現在は自分の胸が大きなことを受け入れており取引先のセクハラオヤジたちに『ホルスタインちゃん』とイジられるのも平気でむしろそれを武器に積極的に営業に出向いている。○高梨正樹(30歳)なぎさの夫。穏やかな性格で周りから慕われている。学生時代に上手く自分を出せずバイト先で苦労していた所を助けてくれたなぎさに惹かれ数年の付き合いを経て結婚した。夫婦になった今もなぎさに対して少年の憧れのような感情を抱いており夫婦の営みは彼女を汚さないようにと慎重に行うため非常に淡泊である。○仁良田[にらた]秋生(30歳)なぎさの元カレ。バイト先で孤立していたところになぎさが手を差し伸べたのがきっかけで彼女の部屋で半同棲するまでの関係になったが就職に関係して周囲に何度も不義理を重ねたためなぎさに別れを告げられた。なぎさと付き合っていた頃は喧嘩をしてもセックスで満足させることで関係を保っていたようである。■基本CG14枚他、差分込244枚

タイトルとURLをコピーしました